本社工場:〒547-0001
大阪市平野区加美北4-8-4

TEL:06-6793-0700
FAX:06-6793-0704

本社工場MAP →
東京営業所:〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目16番
2号第2大出ビル4F

TEL:03-6402-1450
FAX:03-6402-1451

東京営業所MAP →

国内銅建値推移表を見る →

銅の価格や関西パイプの
動きを定期的に更新しております。

お気軽にお見積もり・お問い合わせ下さい。

開発テーマ

« 製品情報トップへ戻る

1. LED照明アルミ蒸着リフレクター

2. 旋回流ヒートシンク(特許取得)

3. 液晶テレビ用外装樹脂部品

4. 高強度マグネシウム合金パイプ

LED照明用アルミ蒸着リフレクター

LEDの高輝度化が進む中で、当社ではALコーディングを利用した高輝LED用のリフレクターの開発を進めています。

特 徴

  • アルミは広い波長域で90%以上の反射率を持つ唯一の金属です。
  • 当社の蒸着設備は世界最速の製膜シートを誇ります。
  • あらゆる材質に蒸着可能です。

実 績

セラミックス、ガラス、金属、樹脂
是非一度弊社のAL蒸着リフレクターをお試し下さい。

三角LED詳細はこちら

旋回流ヒートシンク(特許審査請求中)

パイプ加工技術を利用した、より高効率なヒートシンクの開発を進めています。

特 徴

  • 高性能
    旋回流効果により、同型のフィンタイプヒートシンクに比べて約8%~10%の性能向上が見込めます。
  • 軽量化
    従来のフィンタイプヒートシンクの旋回流管に置き換えるだけで、最大40%の軽量化が可能です。
  • 設計対応
    フィンタイプヒートシンクと比べて冷却空気が抜けやすいので、狭スペース対応の設計が自由に行えます。
    旋回流による圧力損失はほとんどありません。
  • 低騒音
    断面の幅は、フィンタイプ特有の風切り音を軽減できます。

実 績

自動車用ラジエータ、ノートパソコン用ヒートシンク、排熱回収熱交換器

旋回流熱交換器

液晶テレビ用外装樹脂部品

アクリル・ポリカーボネイト・アルミ等を使用した、AV機器用フロントパネルやフレームを加工しています。お客様の品質要求に対し徹底した品質管理の下で供給しています。

用途例   DVDプレーヤー用
フロントパネル
    大型液晶TV/デジタルカメラ用
フレーム
高強度マグネシウム合金パイプ

従来材と比較し2割以上高強度化し、かつ高い寸法精度を有するマグネシウム合金パイプを開発しました。

概 要

マグネシウムは、密度が鉄の1/4以下、アルミニウムの約2/3であり、構造用金属材料の中で最も軽量な金属です。その合金は、比強度、振動吸収性、電磁波シールド性、リサイクル性に優れ、近年、携帯電子機器や自動車分野を中心に大きく需要が伸びています。
当社では、今回、高強度マグネシウム合金パイプの開発に成功しました。
本製品は、従来材(押出材)と比較して高い強度と靭性、さらに高い寸法精密度を有しています。

特 徴

  • 従来材(押出材)と同等以上の延性を確保したまま、引張強さを約20%以上向上させ、代表的なAZ31合金(AIを3%・Znを1%含有)で280MPa、AZ61合金(AIを6%、Znを1%含有)で330MPaを達成。
  • 強度を重視させたパイプでは、AZ31合金で380MPaを達成
  • 冷間での曲げ加工が可能(外径 D=21.5mm 肉厚t=1mmのパイプにて最小曲げ半径R=2.8Dの曲げに成功:AI合金とほぼ同等)
  • 従来の押出材と比べ、高い寸法精度を実現アルミ引抜材と同等の精度を確保
  • 外径φ10~40mm、肉厚0.5~5mmまでのパイプ製造が可能
  • 断面形状は丸以外に短形や楕円など異形断面も可能。

実 績

高強度マグネシウム合金パイプは、今後、車椅子、担架などの医療福祉関連や自転車、ラケットなどレジャースポーツ関連、そして自動車関連の構造用材料として広範な用途への適用が期待されています。

LED照明用アルミ蒸着リフレクター

上へもどる↑

旋回流管

旋回流管は、らせん溝が中を通る空気を旋回流に導くことにより、管内に乱気流を引き起こし、熱交換の妨げとなる境界層を軽減する効果をもたらします。
この効果を用いた熱交換器が旋回流熱交換器です。

上へもどる↑

液晶テレビ用外装樹脂部品

上へもどる↑

高強度マグネシウム合金パイプ

kara

PAGE TOP