製品情報管棒製品コバールパイプ

コバールパイプ

コバールパイプは、硬質ガラス/セラミックと封着し、半導体光増幅器などの光半導体パッケージ、電子デバイス(電子管、電子ディスプレイ)、電子部品の主要材料に使用されています。鉄、ニッケル、コバルトの合金であるコバール(Fe-Ni-Co)は、硬質ガラスやセラミックと同等の熱膨張係数が特長です。

コバールパイプのシームレスパイプと銅をクラッドした熱膨張の小さい導電製品など、オーダーメイドにも対応します。

コバール特性

関連規格 ASTM F15
特長 硬質ガラスとの封着性良
体積抵抗 48 × 10-8 Ω - m
密度 8.24g/cm2
平均熱膨張率
係数
4.6〜5.2(303〜673K)

コバールパイプ材生産範囲

外径 φ2㎜~φ40㎜
肉厚 0.3㎜~3.0㎜
長さ 6m以下

コバールパイプの超精密切断

コバールは熱膨張率の低さや粘りの強さから加工が難しい特殊金属材料ですが、独自の精密加工技術により、ご要望の幅に合わせた超精密切断が可能。小型電子部品の大量生産に対応します。レアメタル/希少金属など貴重な材料を扱う上で各工程での厳しい品質管理を行い、高品質な製造を徹底しています。

コバールパイプの超精密切断

加工技術

  • 冷間引抜
  • スエージング
  • 直線化
  • 矯正
  • 切断
  • 熱処理
  • 脱脂洗浄
  • 研磨

機能特性

  • 磁性
  • 薄肉化
  • シール性
  • 面粗度
  • 高寸法精度
  • 品質安定
  • 膨張性
  • 封止性

産業分野

  • 光通信
   

金属材料/機能材料/クラッド材の
製造加工に最短最速で答えを。
試作品開発、小ロット対応もおまかせください。

お問い合わせ

開発担当者が直接ご対応します。
気軽にご相談ください。

電話受付:月~金 8:30~17:15

但し、祝祭日および
年末年始、GW、夏季休業期間は除きます。

フォームでのお問い合わせ